2021.08.24更新

みなさんこんにちは

東武スカイツリーライン 浅草駅 5分

東京メトロ銀座線 浅草駅 4分

都営浅草線 浅草駅 4分

都営大江戸線 蔵前駅 3分

都営浅草線 蔵前駅 4分

と、だいたい大目に見て

駅から徒歩5分くらいにある

あさくさ鍼灸整骨院です!!

 

8月も終わろうとしていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今週からパラリンピックが始まりますが、またテレビの前から動けない期間が始まりますね。

ここ最近はずっと姿勢についてのブログですが今回も前回のブログの続きになります。

 

 

前回のブログでは膝立ちを進めましたが

正しい姿勢は

・体に一本の軸が通った姿勢

・しなやかに動ける姿勢

・体に負担の少ない姿勢

が重要になってきます。

膝立ちはこれに近い状態を作る事が出来ます。

 

今ではスポーツ選手の多くが体幹を鍛えますが、速く、強く、しなやかにといった動きの基本になっていて、基本がしっかりとしていれば体にかかる負担が少しで済むからです。

 

膝立ちで正しい姿勢をとれても立ち上がった時には感覚がつかめない時は足裏にかかる体重を気にしてください。

足裏は体を支える土台です。

足裏にかかる体重が偏っていると土台は不安定になり体の軸が歪み姿勢は安定しません。

立った時に足の指先からかかとまで足の裏全体に体重がかかるようにしっかりと地面を踏みしめるようにして下さい。

また左右の足でバランス良く体を支えている事も大切です。

 

足の着き方が良くないパターンは

・つま先やかかとに体重がかかっている『前後の歪み』

・親指側や小指側に体重がかかっている『左右の歪み』

の2種類があります、靴の減り方などで確認できますので、一度良く履く靴の裏を確認して下さい。

またタコができやすい方も足裏の重心が崩れています。

 

足の着き方が正しい場合は

・親指のつけ根

・小指と薬指のつけ根の間

・かかとの中心(両方のくるぶしを結ぶ線上)

足裏の荷重

この点に体重が乗るように調整してみて下さい。

 

 

足裏の体重のかかり方のバランスが悪いと

足が太くなりやすい、というデメリットもあります。

バランスが悪いとその負担を補う為に本来なら必要のない筋肉が発達してしまい、太ももが太くなることもありますので、体重のかかり方一回確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

ブログの内容で質問がある場合は是非お近くのスタッフまでおたずね下さい。

またはLINEから問い合わせも出来ますのでご質問などありましたらメッセージを送ってください!

LINE登録がまだの方は

ココから登録できます。

 

あさくさ鍼灸整骨院

投稿者: osaka-genova.co.jp