スポーツ障害

スポーツ障害とは

スポーツが原因でおこった、捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に外からの圧力によって痛みが出るものをスポーツ外傷と言います。

また、おかしなフォームなどで特定の部位に、繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するものをスポーツ障害といいます。

 

テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、投球障害、腰痛症、ジャンパー膝、ランナー膝、シンスプリント、鵞足炎、足底腱膜炎などがこれにあたります。

 

スポーツにおける怪我の中でも、一番多いのは足関節の捻挫、肉離れ、靭帯損傷などです。



しかし多くの方が、足関節の捻挫や、肉離れなどでは少し休めたり冷やしたぐらいで、テーピングをしたり、サポーターをつけたりしてスポーツに復帰している状態ではないでしょうか。

 

そのような状態で復帰したとしても、症状が悪化してしまうケースが多く、ひどい場合だと競技を続けることが困難になってしまう、一時的に休むことになってしまう・・・そういう場合が多いようです。

 

スポーツ障害は安静にしていれば完治するものではありません。予防、再発防止の為にきちんと調子を整えましょう。

このような症状がスポーツ障害です

症状によりますが、マッサージはもちろん筋肉部に電気をあてたり、超音波、鍼などで施術します。このような症状は、整骨院、整形外科にご相談ください。

野球・ソフトボール

  • 野球肩
  • 野球肘
  • 投球障害
  • シンスプリント
    (脛骨過労性骨膜)
  • ヘルニア
  • 分離症
  • すべり症
  • インピンジメント症候群
    (挟み込み)

サッカー

  • 足首の捻挫
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 打撲
  • 肉離れ

バレーボール

  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • シンスプリント
    (脛骨過労性骨膜)
  • 足底筋膜炎
  • 指の骨折・脱臼
  • 肉離れ
  • 打撲
  • インピンジメント症候群

バスケットボール

  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • シンスプリント
    (脛骨過労性骨膜)
  • 突き指
  • 足底筋膜炎
  • 肉離れ
  • 打撲

ラグビー

  • 骨折
  • 肩の脱臼
  • 捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ
  • 十字靭帯
  • 側副靭帯損傷
  • 半月板損傷

テニス

  • テニス肘
  • インピンジメント症候群
  • シンスプリント
    (脛骨過労性骨膜)

陸上

  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • シンスプリント
    (脛骨過労性骨膜)
  • 足底筋膜炎
  • 外脛骨炎

あくまで一例ですので、関節や筋肉に違和感を感じた場合には、整骨院や病院での診察をおすすめします。

再発防止に向けて

スポーツ障害の再発を防止するためには、無理は禁物です。そのため、当グループでは、お子様がスポーツ障害の施術を受けられた場合には、症状をきちんと見極めたうえで、コーチや保護者の方などへお手紙を書くようにしています。

 

お手紙では、お子様の今の状態を詳しくお伝えするほか、施術に必要な期間や、練習を休ませてあげてほしい期間などをご連絡しています。

 

お子様のなかには、「早く練習に復帰したい」「試合に出たい」と焦るあまり、無理をしてしまう方もいます。しかし、治りきらないうちに無理をすると、症状を再発させてしまうことにもなりかねません。そうならないために、当グループでは、まわりの方にもきちんとご連絡するようにしています。

最善の施術を行います

「どうしても大会に出たい」といった強いご希望がある場合には、「テーピングを施す」など、できる限り最善を尽くすようにしています。また、お仕事が忙しくてなかなかケアできない社会人の方には、「通院の頻度を増やす」など、症状改善を少しでも早めることができるように努めています。

 

患者さまお一人おひとりの事情に応じて、最善の施術をご提供します。