ホーム > 交通事故治療

交通事故治療

おかだ鍼灸整骨院は、交通事故治療に自信があります

おかだ鍼灸整骨院は、交通事故治療に自信がありますイメージ

当院では、開業以来、鞭打ち・交通事故からくる様々な症状の臨床を重ね、事故治療を専門に行っています。

交通事故障害は、これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝撃によって全身の筋肉のバランスが崩れる場合がほとんどといえます。

当院は、全身の筋肉のバランス調整を得意としています。事故の状況やケガの症状その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人の症状に合わせた治療を行います。

「むち打ち」とは

むち打ちとは交通事故で車に追突された場合、体が前に押し出され頭だけが残り首が鞭のようにしなるような状態になるので「むち打ち」と呼ばれます

「むち打ち」の症状は?

症状は、首から肩にかけての痛み、頭痛、吐き気、めまい、などです。

「むち打ち」の原因は?

原因としては、追突の際、頚椎、胸椎、腰椎に外力が加わり、その関節が持つ運動範囲以上の動きを強制されるとことにより、筋肉、靭帯、関節などに損傷を惹き起こした状態です。

病院で「骨に異常はありません」といわれても…痛い

病院で「骨に異常はありません」といわれても…痛いイメージ

病院ではむち打ち症と診断されるもののほとんどがこの頚椎捻挫と考えられています。

病院で痛みや症状を訴えてもレントゲンを撮っても「異常ありません」で終わり「シップを出しておきますから痛かったらまた来て」とか「来週また来て」といわれてしまうことがよくあります。

当院では電気療法、手技療法により、むち打ち症状のでている頚椎だけではなく全身の筋肉バランスの崩れを調整する治療を行います。
交通事故の後遺症は臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から二次障害を起こすことがありますので早期の治療と完治するまで治療することをオススメします。

交通事故の場合は保険適応で自己負担は0円

交通事故は、一般的なケガよりも体にかかる負担が大きいケースが多く適切な治療を行わない場合、後遺症に悩まされることもありますので早期の治療が最も重要になります。
「たいしたことはないけれど、ちょっと心配」「鞭打ちかもしれない」「腰痛が出てきた」「膝が痛い」といった方から骨折後や強い症状の方までどうぞお気軽にご相談下さい。
交通事故の場合は自賠責保険適応になり、治療費の自己負担は無料になりますので安心して下さい。

交通事故に遭ったら…

交通事故に遭ったら…イメージ
加害者の確定

加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認。車のナンバーも必ず控えておきましょう。

事故現場の保全

交通事故現場を確認し、見取り図を作成したり、写真(交通事故車・現場)を撮っておくことが大切です。これは事故当時記憶が薄れたり、現場の様子が一変してしまうこともあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。

警察への届出

加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。その時は症状が出ていなくても、後々痛みがでることもあります。必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。これは保険金の請求手続きの際に必要になります。

専門家の診察を受ける

"大したことはない"と思っていても、意外に重症である場合もあります。事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ提出してください。
診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。

自分の保険会社への事故報告

自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、請求することができます。

加害者の保険会社から連絡があったら

保険会社の担当に通院(入院)する医院を伝えてください。あくまでも通院(入院)する医院・整骨院は患者さんが決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか通院(入院)できないということはありません。

交通事故治療専門サイト